今週最終回を迎える朝の連続テレビ小説「まんぷく」

連続テレビ小説「まんぷく」のラストスパートが始まりました。

思えば「まんぷく」は、「あまちゃん」以来の面白い朝ドラだったと思います。

面白さの秘密は、濃いキャラクターの存在があると思います。

まずは、福ちゃんのお母さんである今井鈴さん。

「私は武士の娘です」は名言に近いでしょう。

そのキャラクターは、物分かりの悪さと「武士(足軽)」の娘という誇りとプライドが雲よりも高い持ち主でした。

しかしドラマ全編を通して、お母さんの存在が物語の隠し味になっていたと思います。

おかあさんと同じく、全編で活躍した濃いキャラクターが世良さんです。

最初から最後まで、その物言いはいい加減さを感じさせ、半分詐欺師のよう雰囲気を漂わせていました。

萬平さんのすることに、ことごとく反論し、萬平さんが反論を退けて成功すると手の平を返し褒めちぎります。

こんな世良さんですが、萬平さんにとって良き協力者であり物語を盛り上げてくれました。

そして終盤になって登場した、克子姉ちゃんの旦那で画家である忠彦さんの弟子、名木くんです。

忠彦さんにチョット言われただけで泣いて、帰ってしまうキャラクターです。

その泣き方が大げさで、わざとらしく面白いです。

おもしろネガティブキャラクターといっていいと思います。

ですが、まんぷくヌードルのカップのデザインを製作する重要なキャラでもあります。

「まんぷく」はもうすぐ終了してしまいます。

去年放送されていた「ひよっこ」が、「ひよっこ2」として4夜連続で放送されるようです。

「まんぷく」も「まんぷく2」が放送されればと思います。

今度は、「まんぷく焼きそばUMA?」の開発でドラマを制作してはどうかなと思います。ベルタ葉酸サプリ 薬局